自然の環境保護につながり、個人でも可能な壁面緑化とは!


屋上緑化と併せて壁面緑化が注目されています

現在において、地球の大自然、あるいは環境保護が緊急のテーマのひとつであることは、注目を集めています。 その活動として、とりわけ都市の空間におきまして、ヒートアイランド抑制に関する効果のある屋上緑化と同じく壁面緑化が実施されています。 建物の屋根、あるいは屋上に植えて緑化させることが屋上緑化で、同じ様に建造物の外壁に緑化を行うことを壁面緑化と言います。 屋上緑化において扱われている植栽は、植木や草木、セダムなどですが、壁面緑化に関しましては壁面が覆われる特質上、ツル性の植物がメインです。 建築物の面積にも影響されますが、緑化比率が非常に大きくなればその有効性もレベルアップします。 緑化に因る生態系の保護が実現でき、太陽光反射によって熱を遮って、水分の蒸発によって周りの温度を下げることから、節電にも結びつきます。

壁面緑化は一個人でも可能

スケールの大きい建物の屋上、あるいは壁面を介しての非常に大きい緑化以外に、私達が身の回りなどでトライすることができる壁面緑化も存在します。 ここにきて人気を博しているグリーンカーテンもその1つだと言えます。グリーンカーテンと言いますのは、アサガオ、あるいはゴーヤーといったツル性植物を窓サイドで育成させ壁面に覆いかぶさることで、日射をブロックし低温にする省エネルギー法として家でもしばしば行われています。 とりわけゴーヤーにつきましては乾燥、あるいは病虫害に対して非常に強く、成長もスピーディーなので取り扱いが簡単ですので、手間がかからない壁面緑化としておすすめできます。

壁面緑化はビルの壁を植物で覆うことを言います。ヒートアイランド現象の対策にもなり、緑化事業の一つとして位置付けられています。ビルの壁を植物で覆うことにより、空調代が節約できるというメリットがあります。