時間変更しない方がいい時間がある?リューズの締め忘れにも注意!!


時間の変更をしない方がいい時間がある

腕時計にはデジタル時計などがあり、時計の交換をするときなどには時間合わせをしなければいけません。それぞれの時計の中に調整方法が決められているので、それを確認しながら行うと良いでしょう。機械式時計は毎日使っていれば自動的にゼンマイをまいてくれます。永久に動いてくれるので、電池交換などはありません。ただ、クォーツ式に比べると時間のずれが生じます。また、月末などに日付の変更が必要になるときがあります。その時に注意したい点としてある時間には変更をしない方が良いとされています。夜の8時から朝の4時にかけて、日付を変更するディスクが動こうとしているので、無理に変更すると傷つく可能性があります。全ての機種で言えるわけではありません。

リューズから水が入る可能性がある

腕時計には防水性能がついているものがあります。安いものでも生活防水ぐらいはついていて、ダイバーウォッチになると潜水などができるものもあります。機械式時計となると、最高級のものは生活防水もついていないものもあるので注意しないといけません。生活防水やそれなりに高い防水機能がついているものは、少々の水がついても内部に水が入らないようになっています。しかし、リューズの締め忘れがあるとそこから水が入る可能性があります。リューズ部分はきちんと締めれば水が入らないようになっていますが、締め忘れるとわずかならが隙間ができます。少しでも水が入れば内部に影響してしまいます。日付を変更する時にはきちんと締めるようにしましょう。

パテックフィリップとは、1839年創業のスイス高級時計ブランドです。世界三大時計の一つとして日本でも知名度は高く、まさに憧れの高級時計です。